123133131

値段も高くなかったので視聴なしでAMAZONで購入してみました。
価格は9000円です。
なんとなくの直感と幾つかのレビュー記事で外れる事はないだろうとタカを括って。


結論からいうと非常に良かったです。
基本的には話題の製品か、良かったものを取り上げて記事を書いているので
ブログで紹介するものは個人的に良いと思ったものがメインになりますね。

スペックですがD型というのはわかるのですがメーカーサイトが中国語で
画像テキストなので翻訳できないのでHEAD-FIからコピペで。

Description:

Model Number: TFZ SERIES 5 Driver: 12.5mm Titanium Crystal Dual Loop Dynamic Dual Chamber (N50) Impedance: 12ohm Sensitivity: 105dB/mW Frequency Response: 6Hz-30 kHz Style: In-Ear Plug Type: Line Connectors: 3.5mm Mic: No Lowest Power: 8MW Interface: 3.5mm Giled Cable length: 1.2M

これを見ると12.5mmのデュアルっぽいドライバーというのだけはわかります。
チタニウムクリスタルというのはよくわからないのですが。

高域
クリアに綺麗に鳴ります。
不足しているという事はないでしょう。

中域
こちらも綺麗に鳴ります。
若干だけボーカルが近い気もしますが良い近さだと思われます。
2khz付近にピークが来ているので最近のイヤホンらしい
明るい綺麗な音色です。

低域
きちんと出ていますが出すぎという事もなく
上手いチューニングで設計されていると思います。


総じて低域から高域まで非常にバランスよく鳴ります。

音場は非常に広く特徴的です。
ハウジングの形状もありますがその中で自然に鳴っている感じがします。
モニターライクではなく臨場感があるイヤホンで
聴いていて楽しいイヤホンだと感じます。

解像感は複数ドライバを積んだ良いイヤホンには劣りますが
BAの一般的なイヤホンとは方を並べるくらいではあるかと思います。
音が団子になってごちゃっとする様な感じではないので不満ありません。
 
1万円前後、1万円台のイヤホンの中でのおススメ度で言えば
個人的には最有力候補のひとつとしておススメできます。
カルボドッピオかTFZ SERIES 5をおススメします。

また、イヤホン好きな人で、高いものは気軽には買わないけど
何か面白いのないかなという人にもおススメできます。 


先日の記事の続きというわけではありませんがこういうイヤホンが
もっともっとたくさん出てきて、且つ売れて欲しいですね。