"EAR" イヤホン/ヘッドホン/レビューとか

オーディオ関連のブログです。主にイヤホン関連、ヘッドホンやポタアン、DAP、機材やDTMとかでレビューや思ったことなどを綴っていきます。

"EAR" イヤホン/ヘッドホン/レビューとか イメージ画像
オーディオ関連のブログです。主にイヤホン関連、ヘッドホンやポタアン、機材やDTMとかでレビューや思ったことなどを綴っていきます。

2015年10月

RHA S500結構売れているみたいですね。価格も5,000円台で求めやすい価格と良いデザイン、音も悪くなかったです。私もレビューしていこうかと思います。では点数を音質SE846:10点SE535ltd:8点SE425:7.5点SE315:7点SE215:7.5点ER-4S:9点W40:9点W60:10点DN-2000:8点DN-
『レビュー RHA S500』の画像

茶楽音人 DONGURI 楽 鐘(HAGANE VER)先日DONGURIのノーマル版レビューの際にHAGANEが欲しいと書いていてあの後すぐに買いまして、最近よく使っています。だいぶ鳴らして、落ち着いて書けるかなとも思うので休みの日のうちに書いておきましょう。ノーマルの
『レビュー 茶楽音人 Donguri-鐘(SYOU) HAGANE ver.』の画像

ちょいちょいレビュー書いてるのですが抜けてるのを追加更新しようかと思います。音質SE846:10点SE535ltd:8点SE425:7.5点SE315:7点SE215:7.5点ER-4S:9点W40:9点W60:10点DN-2000:8点DN-2000J:8.5点カルボドッピオ:7.5点DUOZA:7.2点IE80:8点IE60:7.5点MX985:8点

SHURE KSE1500コンデンサモデルのイヤホンという事で、凄そうですね。SHUREという会社の凄い所はトップメーカーの強みを自社が理解していてビジネス感覚に優れている経営陣がいるというところですね。この歩き方はAPPLEとも似ていて、マーケットコントロールの力が
『SHURE KSE1500やKlipsch X20i等 ビックネームの新機種』の画像

最近使用頻度が1番多いAURISONICSのBRAVO KICKERです。何気にMMCX端子なのでリケーブルができます。純正のもので十分気に入っていたので試していませんでしたが昨日幾つか試したので感想を。結論から言うと純正が1番でした。音質で言うと色々試した中ではAUDIO TRACKのRE;CA
『AURISONICS KICKER / リケーブルレビュー』の画像

DONGURI-楽(RAKU) 濃墨音質SE846:10点ER-4S:9点W40:9点W60:10点DN-2000:8点カルボドッピオ:7.5点HAVEN V:8点UE900s:8点DONGURI楽:7.7点コストパフォーマンスSE846:8点ER-4S:10点W40:9点W60:8点DN-2000:9点カルボドッピオ:10点HEAVEN V:7点UE900s:7
『レビュー DONGURI-楽(RAKU) 濃墨 / 茶楽音人』の画像

Ultimate Ears UE900s 音質SE846:10点ER-4S:9点W40:9点W60:10点DN-2000:8点カルボドッピオ:7.5点HAVEN V:8点UE900s:8点コストパフォーマンスSE846:8点ER-4S:10点W40:9点W60:8点DN-2000:9点カルボドッピオ:10点HEAVEN V:7点UE900s:7点実は少し前に売
『レビュー Ultimate Ears UE900s』の画像

少し前のモデルのイヤホンですが非常に面白いものなので書いてみようかと。時々中古で出回っているのを結構目にしますね。1.5万程なので手頃でもあります。レビューもそこそこ見かけます。私見ですが、個性的なモデルだけあってクセみたいなものも強いです。まずエージン
『レビュー TH-F4N ORASONIC/音茶楽』の画像

エージングも恐らくトータル100時間は超えたと思うので再度感想を。 主にはLOTOOのPAW5000で聴いていてイコライザで高域を少し持ち上げています。中高域も綺麗に出て低域がガツガツ前に出てくるのは抑え目になった印象です。イコライザなしの場合は低域がやはり目立ちま
『AURISONICS BRAVO KICKER 2』の画像

↑このページのトップヘ